実績 | PERFORMANCE

検索クエリ

2019年12月08日 ウェブシステム制作実績 コンバージョン可視化設定 統計コンサルティング制作実績

コンテンツマーケティング 初級編 検索に有利なサイトの構造

初級編はサイトアクセス月間5000以下程度を対象にしています。

アクセスは有るけど、基礎を学ぶ方にも良い内容です。

 

✳︎内容を足しています 最終更新日 2019年12月15日

 

 

コンテンツマーケティングが多く言われていますが、何をすればよいのか?

何のサイトでも言えることですが、有益な情報は

 

ポイント1:記事(ページ)の質が高い

ポイント2:更新頻度が高い

 

この2つのポイントは、欠かせません。

自然検索で多くみられるサイトは、この2つを必ず満たしています。

 

まずは、記事認識数(index数)300を目指します。

2019年12月6日時点で、132件のindex数です。(Google検索siteオプション調べ)

目標は、3ヶ月以内です。

楽しいことは大切だと考えているので楽しみながら伸ばしていきます。

 

168ページ伸ばさないといけないので、当然一人では難しく

サーチコンソール「ガバレッジ」項目、81件。(サイト公開時、45件)

 

サイト制作者や広告担当者に手伝ってもらい、1日1.8記事増加を狙っています。

2月が短いので、3月10までを目標日に設定します!

 

ここでポイントになるのは、検索クエリ(検索のキーワード数)が増えていくか?

というのが目安になります。

検索クエリ

2019年11月のクエリの数は、「89種類」です。

 

チェック項目としては

 

・ブログやコンテンツを足したら、インデックス数が増えること

・インデックスが増えたら、検索クエリが増えること

の2種類に気をつけていきましょう!

この2つが上がっていれば、検索数も伸びていきます。

表示回数、検索順位の平均は気になりますが、目安としましょう。

 

index数の目標目安は業種によって大きく変わります。

競合が多くなればなるほど、かなりのindex数がないと検索表示回数が伸びてきません。

 

 

この2つは、

・検索順位

何のキーワードが入ったか?

によって大きく変わってしまうので伸びなくても大丈夫です。

 

・表示回数

検索クエリ数が伸びてくれば比例します。

 

弊社の業種は実はかなり、競合が厳しく・・・

現在の予想ですと、本当にアクセスが伸びるindex数の分析も必要ですが、

中級編としてまたブログでお伝えしますね!

 

弊社にて、初めから対策をして結果を共有することにより、皆さまの目安に慣れればと思います。

自分でやる対策が一番導入実績として公開して見せやすいからです。

 

経過をブログにて公開していきますので、楽しみにしていてください!

もちろん、良くない結果になっても、PDCAの繰り返しの過程を公開しています!!!

お楽しみにー!