2021年11月11日 04_SNS写真撮影

M型ライカのLeicaM10,M10-Rの最強レンズのお勧め

2017年からじっくり使って感じた

ライカのレンズで最高の組み合わせのお勧め

*個人の偏見にあふれた意見ですw

2017年8月9日時点の価格表です 値段改定が入っているかもしれません

すごい悩んだ後がたくさんあるので、掲載しておきました

 

金額かかなりのものになるため、4年かけて買い足しながら

レンズの組み合わせの理想を探していきました

 

先日、アポズミクロン35mmを予約したことで

完成の組み合わせが見えたためレビューです

 

まず、望遠レンズは使いません。

後ほどその理由はご紹介します。

 

スーパーエルマー 21mm ASPH  F3.4

主に昼間に使います。 ¥396,000

 

Mレンズの実力 LEICA SUPER ELMAR-M f3.4/21mm ASPH.

 

ズミクロンM 28mm ASPH F2.0

スーパー新定番という感じがする! 参考価格:¥583,000 

 

 

その日に景色を撮るか人物を撮影するかわからないときに持ち出すことが多いです

F2.0あるため、暗い場所でも十分な明るさを得ることができます

ライカ公式ブログ記事

 

ライカ アポ・ズミクロンM 35mm ASPH. F2.0

正直まだ使ったことがありません。参考価格¥1,056,000 

でも、良いに決まってるw

予約もしてあります。今度こそ6か月以上は待つと言われていますが・・・

 

最大の特徴は、30cmまで寄れること

ライカの特徴ですが、これまでは70cmでした

 

テーブルに座っていて、座ったままでごはんを撮るのが

70cmだと結構難しかった

今度は座ったままでごはん撮れてしまうと思う

咲いている花を思いっきり酔って撮ることができる

 

ライカ アポ・ズミクロンM 50mm ASPH. F2.0

言わずと知れた名作 欠点は、価格が高いw 参考価格:¥1,078,000 

でも、価値はあります。モノクロームと組み合わせても感動

M10‐Rと組み合わせても驚きの連続でした

 

ライカ バリオ・エルマリート SL F2.8–4/24–90mm ASPH.

汎用性の高い標準ズームレンズ  参考価格¥682,000 

全領域が収差の少ないアポズミクロンのような映りに感動できます

 

M型ライカの特徴はスナップショットだと思うんです

目的を絞ることでライカの良さが見えてきた

望遠レンズでのお勧めはライカのレンズであげるとしたら

M型ライカではなく、SL2-Sがお勧めです。

24-90MMのレンズはめちゃくちゃ優秀です。

後記

ライカユーザーさんの中には、何十年も継続して使っているツワモノ達が

たくさんいるでしょう!なので、ライカM10,M10-Rで

活かせる王道をご紹介することにしました!

写真に正解はありません、だけど撮る被写体が決まっていなかったり、

色々なものを撮って”楽しみたい!”に極振りしたらこれになるという組み合わせです