2021年08月09日 05_起業と創業11_業務効率化

紙に書いて目標をイメージする大切さ。どのようにして目標を達成するか?

アパレルの店員さんが店を持ちたい目標があると言ってました。

今までにないコンセプトがある店を持ちたいと。

 

今回は、どのようにして目標を達成するか?を少し記載します。

 

何かの目標があった場合の考え方のプロセスは、同程度の成功を掴んでいるひとにも

ヒントになるんじゃないかと考えたので、考え方の共有ができることを目指しています。

 

 

最近、身近な人の役に立つことが本当に喜べるんだと気づき、

時間を使うようになりました。

 

チームプレーというか、一緒に喜べるから、まわりまわって

人助けも自分のため?!でもあるのかなあと思います。

 

店をもちたいという夢素晴らしいですよね。

どうしてもやりたいことがある!ってことだけでも、日々の原動力が違います。

 

目標をA4の紙1枚にまとめる

もともと、父に教わったことだと思います。

1枚にまとめる。と、言ってもらったかわかりませんが。

紙に書くのは父に教えてもらったと思います。

 

社会人でサラリーマンをしてたときもいろいろな人に色々なことを教えていただきました。

人生を変えたアドバイスもいっぱいある。

 

起業してから先輩の経営者・自営業者の皆様に色々なことを教えていただきました。

横で一緒に仕事をしながら、教えていただいたことは

「謙虚に素直に」を大切にして、今も続けています。

 

目標達成の助けになっているのがこれ!

紙に書いて、誰かに見せられるように常にしておく。

 

これをやると、結構頭でイメージしていてわかっていたつもりになっていたことが

あまりわかっていなかったんだと気づくことができます。

 

最終的に、A4の紙1枚か、多くて2枚にするのは、だれかに説明する際に

わかりやすくなっていないと、自分でも理解できていないことが多いから。

 

シンプルに説明できるようになるまでブラッシュアップする。必要があるからです。

 

また、長い時間をかけてしっかりとしたものを作るより、

たくさんの修正回数を重ねたものの方が精度があがる感覚があります。

 

その1回1回の修正回数の質はある程度で良い。

それよりもスピードが成功に大きく影響するんだと思います。

一回の修正の度合いが低くても、何度も修正すれば上がる。

 

質をキャパ以上にあげようとすると時間がかかりすぎて

効率が悪いとやりながら実感しました。

 

上記を繰り返して、紙に書くのは

・何を用いて、

目標や達成プロセスをA4一枚にする

体重とか恥ずかしいですが、公開するとアドバイス頂けるので公開!是非!

体重とか恥ずかしいですが、公開するとアドバイス頂けるので公開!是非!

 

こんな風に、生活と仕事に分けています

 

プライベートで自分を大切に出来ることも大切だと思います。

初めてかもしれない、明確に健康は、第一の目標にしました。健康第一ですよね。

Howtoは大きな夢。具体的に達成する目標を決める。

経営者の方は、事業目標ではない。個人が充実する為の目標を持っても良いと思います。

それが、仕事にも活きてくると考えています。

 

内容を見せたかったというよりは、イメージを具体的にして、行動に起こせるようにする

という、具体例をお見せしたかった。

 

時間ない時は、ノートに一度紙に書いて、それを時間があるときにパワーポイントで書き起こしています。

さらに、具体的な行動は、ビジュアル化するためにMindmapを使っています。

 

2021年8月10 Miroって名前に変わったみたいです

アマゾンとかで本とかもたくさん出版されている

目標のプロセスを可視化できるクリエイティブなツールです

 

編集後記

今も、まだまだ成長過程で目標に向かってチャレンジを続けています。

 

今まで、こういう

 

「誰かに俺が教えてやるぞー!」

 

的に取られやすいものは

発信したことがありませんでした。なんか、おこがましいと思っていたからです。

 

「ちょっとの成功で語るのが、、、なんか、恥ずかしい。」

みたいに、思っていました。

 

コロナになり、移動時間がなくなり、自分で考える時間が増えたことがきっかけで

自分を思い直す。みたいなことが増えました。

 

何がしたいんだろう?

とか

過去を振り返ってあの時の選択は、今考えなおすと同じことをしたか?

とか。

まだ考えている途中ですが・・・・

最近の結論は。

 

「正解はない」

です。

 

自分の性格だと、机の上で考えてみてもやっぱりわからない。

やってみたことだけが実感となり、

 

「心から何かを言うことができる」

体験になる。

 

体験すると考えていただけの時とは、考え方が変わったり、

全然違う見え方がでてくることがほとんどです。

 

だから、物事の正解はいつも見えていない

これから体験したことで学ぶことができるんだと考えるようになりました

 

何を感じるか?心を大事にして、体験を多くできるように

意識して行動に移していきます。

 

何もしないで感想をいうことが嫌いです。

 

まだまだ未熟な自分だから、せめて体験して感じたこと。

そして、気づいたことを文字や動画にします。

そのうえで、心からの実感をお伝えできるようにしますね。

 

写真今日の一枚

2011年2月 北志賀スキー場

やばいくらいのおしゃれな写真?!

スキーに自信がある私は、半纏を着てスキー場にいきました。

しかも、電車と団体のバスで行ったのですが、確か自宅からこのまま乗ったはず・・・

道中で、仲間に撮られたのがこの一枚です。

仕事仲間たちは恥ずかしかったことでしょう・・・w

ごめんなさい。

今も・・・できるかな・・・イメージしてみましたが、

今は、恥ずかしくて無理かもしれない・・・w

誰か一緒にやってくれたらギリできる。

ちょうど10年前位の写真です。

現地で、外人さんに「どこで半纏が買えるか?」を5人位に聞かれました。

外人さんにはウケるのかもしれません。