2022年03月04日 04_SNS写真撮影10_代表ブログNoteブログアメブロ

LeicaM11発売!軽い、60MP、USB充電がメリット&疑問

ライカM11がついに発表されましたね!

 

ライカM10-Rを購入するときに一番悩んだのがM11が発売されることでしたが、

自分は、見た目を取る!と思って、M10-Rブラックペイントを購入しました。

両方買えればよいんですが、さすがに今回はスルーかなあ

もちろん、欲しいですw

 

このブログは、Youtubeでも紹介しております

メリットの
M-11について語ってみたいと思います
M-10ーr っていうこちら使ってます 
が出たとは言ってもね
ただやっぱり
としてはですね
欲しい理由でもあるものと
今のものとの違い主な注目ポイントの3つ!語ってみたいと思います。
前のもの M-10ーr は4600万画素で M11は6000万画素なんですけど
まずこれいるのかって話ですよ
2400万画素。

写真を見て
ますね
もまた注目ポイントなんですけど
4600万画素で相当十分だったイメージがするんで
出るところかなと思っています
で持ち歩くってなるとやっぱり用途が違うのかなと
少し痛くだったりします
なんでその
いいんじゃないかと言うところが
すごく気になるポイントなんですね
よりも
とっては必要なロー撮影で
でしか画像数を変えることができなかったんですけど
これがまあ少し感じる。

大きくなる感じがして
やっぱり読み込みも
なっちゃう
これがまあ気になってたんでなるべく必要のないものを
書き出さない必要なものを必要だけっていう
ローを書き出すサイズが選べるって
いうのは m11の大きなメリットかなと思います。
10ーrを持ってきて比べるきっかけ
になったものなんですけど
んですが
sl 2 s って言って電池の形式も
なくて
もうカチカチってこうダイヤルを引くと
そのまま裏蓋をとらなくても取れるって形式になっているんですが
これが m11の注目ポイントになっている
奴(デザイン)は
僕は変えてほしくなかったところですね。
とやっぱりm 11の
写りを比べてみるとあの周りの光量の差
1の方が
ちょっとまぁなんていうんですかね
全部周りが明るくなって
の色味が
取れているまあこれは味が少しライカ色じゃなくなったかな
って思う反面やっぱりキレイに撮れる
全部のところが明るく撮れるっていうのは
メリットなる写真もあるので
ていますあの
したってことではなくて
これはきっと両方使いたいっていう人が出てくるんじゃないかな
って思いますね
これがまあやっぱりどっちが上ではなくて m-11も
欲しくなるライカうまいところじゃないでしょうか
ブログを載せてあったり
「ビゾフレックス」の紹介もしています
ビゾフレックスはここにつけて
まあ要は
ファインダー覗くと

結構ですね、解像度が低かった

が残念でまあ購入を断念してたんですけど
解像度が高くなったんで
要はですねこれ
ことではなくて
実感が大事なんですよ
なんでデザインが良いものをしっかり取り付けて
モチベーションが上がる
いい写真に繋がる
ってことかと思いますので
このビゾフレックスも楽しみにしてます。
評」
価宜しくお願いします。

――――

 

欲しい理由でもある・今のものとの違い

主な注目ポイントは3つだと思っています

 

20%の軽量化

これは、是非手にとって実感してみたいです

ライカM11のカラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。 そのうちブラックのみトップカバーの素材をアルミとしたことで、真鍮トップカバーを継承するシルバーに比べて約20%軽くなっている。 重量のカタログ値は、ブラックが約530g、シルバーが約640g(バッテリー込み)

ライカM11 ブラックが約530g

・ライカM10-R ブラックペイント 約660g(バッテリーを含む)

 

で、約20%の軽量化ということなんですが、全然実感わきませんw

今のところ、そんなに変わる?wって思っているんですが、フィルムカメラ並みに

軽くなったといわれてもフィルムカメラを使ってないのでわからないですよね・・・

実記を持てたらレビューしますね!

 

60MPセンサー採用

JPEGだけでなくDNG(RAW)でも

約6000万画素、約3600万画素、約1800万画素の

3種類から記録画素数を選ぶことが可能になったことが特徴だ

JPGはこれまでも画素数を選ぶことができたが、RAWでも

選ぶことができるようになったのは便利だ

 

裏蓋を取らずに電池の交換できる

LeicaSL2Sにはおなじみの機構になっている様子だが、

正直アナログ感があって、LeicaM10、M10-R等で採用されてきた

裏ブタを取る型式もアナログ感があって、良かったと思う

 

便利という事だけでいけばもちろん便利だけど、

蓋が締まっている安心感は結構あったと思う

 

まとめの動画があるので、記載しておきます

字幕があるので見やすいですね

 

今使っているM10Rがこうなって欲しい

 

 

番外編

ビゾフレックス2の発売も楽しみだ!

ビゾフレックス1をM10-R購入時に買おうとしていた・・・

躊躇して買わなかった理由は、ファインダーの画素数だったが、

今回のは見事に解決している様子!

 

2022年3月公開予定の最新版ファームウェアにアップデートすることで、

「ビゾフレックス2」はライカM10シリーズの各モデル

(ライカM10、ライカM10モノクローム、ライカM10-R、ライカM10-P、ライカM10-D)にも

対応できるようになります。偶然だけど、待ってよかった・・・

 

M型ライカは、ロケ撮影の際明るいところで撮影するとどうしてもピントが

きちんと合わせられない現象が起きていた。

自分の実力ではそうなってしまうのかもしれないが・・・

自信を持っていうと、こんだけ使っていたてピントが合わない時もあるということは

他の人もなっているだろうと予想するけど・・・

デザイン的にビゾフレックスはカッコよいとは思っていないが

ピント合わせが楽になるんだろうという創造は合っているだろう

公式サイト:https://store.leica-camera.jp/products/detail/1842

 

いざ、仕事で使う際は、是非とも活用したいアイテムの一つだった