2021年06月25日 08_SNSマーケティング
リスティング広告 Google/Yahoo

【広告予算の裏側】月額予算はいくらあれば良いですか?にお答えします!

広告予算のご相談をよくご相談頂く際に、アドバイスとしてお話している内容です。

 

端的に言えば、

1つの対策で、3000人がサービスページに訪れると

統計的に確からしいと言えると考えています。

そして、3個の対策の内、1つの対策が成功すれば良い広告代理店と言えると思います。

 

答えとしては、

 

予算に余裕がある場合は、

月額90万円あると(9000人に見せると)1か月単位での検証が可能かと思います。

 

 

なぜなら、、、、

 

例えば、TVの視聴率が100人で図って意味がないのは、感覚的にわかると

思うのですが、統計的に調査数を多くしないと計測しないと測定結果として正しくないからです。

 

 

3000人に対象サービスが見られた結果、目的のサービスに

申し込みが3か月間平均して目標数以上ある。

 

この条件を満たして、初めて1つの広告が確からしいと言えると思います。

 

もちろん、広告媒体を何にするか?

サービス内容や、商品により1人に見せられる単価が変わります。

これが、クリック単価(CPC)です。

*ちょっと小話(最下部)

 

 

1月単位で効果検証できるのが 月額90万~

 

対策3つで1つを確立できる割合

なのを念頭においていただき、

 

共通条件

ポイント1:1クリック100円とする

ポイント2:9000人見せることで1つの対策を成功させられる

 

月額30万円単位で検証

 

3000人 × 3か月 × 100円/1クリック

サービスページを見せて

3か月間でやっと、1つの成功方法を確立する

 

 

月額60万円で検証

 

6000人 × 1ヶ月半 × 100円/1クリック

サービスページを見せて

1か月半で、1つの成功方法を確立する

 

 

 

月額90万円単位で効果検証

 

9000人 × 1ヶ月 × 100円/1クリック

サービスページを見せて

1か月で、1つの成功方法を確立する

 

 

 

 

*実際に広告代理店に運用を依頼する際はこの実費に

 2割~3割程度のランニングコストがかかります。

 

 

 

実際にわかっていても、この話をする広告代理店は少ないと思います。

 

月額数百万の予算、もっというと月額数千万の顧客を運用している代理店なら

少なくても良いですよとは言わないはずだからです。

 

リスティング広告の運用費用は大体、予算の2割となっている

広告代理店が多いので、予算が多くなればなるほど利益が増えるからです。

 

弊社は、口コミマーケティングも推奨して居る上、コンサルティングサービスも

提供していますのでそのままお伝えすることが可能です。

顧客に口頭でお話した際にも、仕組みをお伝えするうえで正直にお話してしまっています。

 

そのほうが、成功するまでの過程をわかっていただける場合が多いからです。

 

*ちょっと小話

→広告代理店/マーケティングの専門家の担当者あるあるなのですが、

 CPC(Cost Per Click)とかの略語単語をあまり使わないようにしています。

 知っている風になって、使いたがる方が多い印象ですが・・・

 顧客が認識している言葉の定義に微妙にずれがあり伝わりずらいからです。

 顧客が好んで使っている場合はまずは定義を確認しないと話していることが

 ずれている可能性が多分にあります。