2021年11月02日 04_SNS写真撮影

LeicaM10-R × ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mmの組み合わせをじっくり試す

35mmアポズミクロン、50mmアポズミクロンとLeicaM10‐Rとの

組み合わせは、興味の湧くところ!

最近発売の、35mmが人気過ぎて試すこともできない!

 

*予約済みなので、手に入り次第レビューしますが、現在6か月以上待ちとのことw

 

所持の50mmとの組み合わせをじっくり試していこうと思います

まずは、アポズミクロン50mm の紹介を公式サイトから抜粋。

ライカ アポ・ズミクロンM F2/50 ASPH.

新基準を打ち立てる卓越した描写力

描写性能の新基準

どのような撮影シーンでもすみずみまできわめてシャープに、ディテールまで鮮明に描写できる新設計のレンズです。 一切の妥協を許さず、従来のレンズの限界を打ち破り、描写性能の新基準を打ち立てます。光学的計算から素材の選定、緻密で高度な製造方法、最終的な仕上げまで、設計から製造までのすべてのプロセスが見事に作用し合い、高い性能が実現しました。ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.は、光学機器の設計・製造で160年以上にわたる歴史を誇るライカが、世界一のレンズを生み出すメーカーとしての地位をさらに揺るぎないものにするレンズです。

特徴

アポクロマートレンズを採用しているので、色収差を抑え、すべてのディテールを自然に再現します。レンズの性能評価方法のひとつで、細部のコントラスト再現性と解像力を表すMTFの試験結果では、画面全体にわたり50%を超えるコントラストで細部までシャープに描き出せるという、従来のレンズでは達成できなかったこの優れた結果からも、その性能がMレンズの中でも卓越したレンズであることが証明されています。

 

ーここまでーー

この記事もとても参考になりました!

ライカ公式Mレンズの実力特集

 

 

この組み合わせでケースの購入を検討しています。

アポズミクロン50mmは、フィルター径は39mmと小さいし、

長さは4.7cm、直径は5.3cmしかない。この小ささなのに

アルミニウムと真鍮で約 300gもあるので、

小さいのにズッシリみたいな印象

 

本製品(ショートノーズ)には直径65mm、

長さ60mmまでのレンズを装着したM型カメラを収納できます。

と記載があるので、自分の所持レンズ群だとショートノーズで十分

 

もう一つロングノーズのケースがありました。

大きいレンズを付ける方はこちらが良いと思います。

 

Leica ネオプレンケース Mシリーズカメラ用を所持しています

こちらを試してみます!

このケースで満足いかなかったからレザーポーチになりそうです

購入するときに、ライカの方にこちらをお勧めされている気がするんですが、

何の理由でレザーよりこちらをお勧めされたか忘れてしましました。

もしくは、まだ発売してなかったのかもしれません

布は、2017年4月に発売されている様子

レザーは、2017年1月・・・なので、発売してますね・・・

布性で十分と言われたのかなあ・・・

メリットデメリット知りたいですね